パパの手間いらず庭づくり+

庭づくりとガーデニング ときどき園芸雑貨 たまに庭遊び

庭木

夏の花木『サルスベリ(百日紅)』(ペパーミントレース)の鉢植え成長記録~興味深い花の構造も紹介!

今回は夏を代表する花木『サルスベリ』の成長記録についての記事です。 『サルスベリ』はその名の通り,大きくなると樹皮が剥がれて表面に出てくるツルツルの白い幹肌が特徴です。また,花が少なくなる真夏に,これもその名(百日紅)の通り,種々の鮮やかな…

【真夏に涼しげな青花】『ルリマツリ(プルンバーゴ)』の成長と開花~フェンス沿いに地植えして育成!

『ルリマツリ(プルンバーゴ/プルンバゴ)』は,爽やかなブルーの花(*白花の品種もあります)が特徴の南アフリカが原産の植物です。花が少なくなる夏から秋にかけて,涼しげな青花を手毬状に多数咲かせてくれる貴重な存在です。一つ一つの花もちはそれほ…

夏に涼しげな青い花:地植えした『セイヨウニンジンボク』の植え替え後の成長記録と開花

今回は夏を代表する庭木,『セイヨウニンジンボク(西洋ニンジンボク)』の成長について記事にしました。『セイヨウニンジンボク』は花の少なくなる7月から秋頃まで,上品な青紫色の穂状の花を咲かせてくれる落葉低木です。また葉や茎を擦るとコショウのよ…

花期が長い『サザンクロス(クロウエア)』の成長と開花!~珍しいホワイトピンク花を日向と半日陰で2株育成!

今回は,オーストラリア原産のコンパクトな常緑低木『サザンクロス』についてです。特徴は,名の由来でもある南十字星(サザンクロス)に例えられる星型のかわいらしい花です。また,この花は最大6~12月までと長期間咲くのもうれしい特徴です。花期の長さで…

常緑シルバーリーフ『ツリージャーマンダー』の成長記録~植え付けから紫花の開花まで~

今回はシルバーリーフの南ヨーロッパ原産の常緑低木,『ツリージャーマンダー』の育成記録についてご紹介します。『ツリージャーマンダー』は,春から初夏に咲くクリオネのような形を薄紫の花が魅力的ですが,常緑低木なので銀色の照り葉を1年中楽しむこと…

シンボルツリーの定番:地植えした株立ち『シマトネリコ』の成長と開花!ガーデンライトを使ったライトアップ!

『シマトネリコ』は,洋庭に合うシンボルツリーとして,『オリーブ』と並んで定番の庭木です。人気は秘密は,株立ちにしたときの自然な樹形のカッコよさと,つやのある明るい緑色の葉と繊細な枝ぶりが醸し出すモダンで涼しげな雰囲気です。また,初夏には小…

【黄金葉が美しい】プリペット レモンライムの成長記録 ~成長が遅く育てやすいおすすめの庭木!~

プリペットレモンライムはプリペットの仲間で,細かい葉に淡黄色の覆輪が入る矮性品種です。この葉色が黄金色と言うか,明るい黄色で,植えた一帯がパァっと明るくなり,とてもキレイです。また,矮性のため,あまり大きくならず育てやすい庭木です(成長記…

ラベンダー グロッソの成長記録と開花!~地植え育成2年で幅1m以上に巨大化!

今回は6月の風物詩『ラベンダー』についてです。ラベンダーの種類は本当にたくさんありますが,その中でも暑さ寒さに強く強健で,広く普及しているのが『ラベンダーグロッソ』です。我が家では,2018年3月に3号ポットを5つ,少し大きめの5号ポットを1つ…

グランドカバーに使えるおすすめ低木9選~初心者にも育てやすく,冬枯れしない丈夫な常緑低木を様々なタイプから紹介!

グランドカバー(グラウンドカバー)は,背丈が低く地面(グラウンド)を覆うように成長してカバーしてくれる植物です。グランドカバーは様々な種類ありますが,冬に枯れてしまうもの,枯れたようになって見た目が悪くなってしまうものも多いと思います。自…

【黒い枝葉と黄花が個性的!】『コロキア・コトネアスター』の地植え成長記録 ~ほぼ放置で2年間育成~

コロキアは,南半球プランツ(ニュージーランド原産)で,黒(ブラック)あるいはグレー(灰色)のカラーリーフとして最近人気の植物です。 葉と同じ灰色の細い茎は曲がりくねった特徴的な樹姿。園芸店でも,おしゃれな鉢に植えられているのを見たことある方…

銅葉とピンクの鞘が美しい個性的な庭木:ドドナエア(ホップブッシュ)の成長記録

ドドナエアは,オーストラリア原産の常緑低木です。夏には緑,冬は銅色に紅葉する細長い葉っぱが個性的なドドナエア。春には花が咲き、初夏には種子を被う鞘(サヤ:莢とどちらが正しいか不明)ができます。このピンク色の鞘が,花のように美しいのもドドナ…

常緑・丈夫で初心者にも育てやすい庭木:矮性『アベリア』の成長と開花!~計15株をグランドカバー,寄植え,生垣など様々なシーンで育成

今回は,常緑低木の『アベリア』についてです。種類はたくさんありますが,よく公園などの生垣に使われている緑葉は,『アベリア・エドワードゴーチャ』と呼ばれて,2mくらいまで大型化する品種です。一方,緑に黄色の斑入りの『アベリア ホープレイズ』や,…

【シンボルツリーの定番】地植えした『オリーブ(ロシオーラ)』の2年間の驚異的な成長と開花!

オリーブは,食用のオリーブの実が有名ですが,銀葉が美しく,丈夫で育てやすい庭木としても有名です。地中海原産ですが,日本の冬にも関東以南であれば楽々耐えることができ,初心者向けで育てやすいシンボルツリーの定番となっています。 我が家ではシンボ…

【ブラシ状の赤花が個性的!】『カリステモン(キンポウジュ)ドーソンリバー』の成長と開花!

今回は個性的なオーストラリア原産植物(オージープランツ),『カリステモン』について紹介します。和名では,『キンポウジュ(金宝樹)』とか『ブラシの木』などと呼ばれます。特徴はなんといってもそのブラシのような花形です。その名の通り,ボトルを洗…

【斑入り葉がモダン!】初心者でも育てやすい庭木『シルバープリペット』の2年間の成長と開花

洋風のモダンな住宅の庭木・生垣として定番のシルバープリペット。プリペットの仲間ですが,常緑で,英名のバリエガータ(Variegatum)の名の通り斑入りの葉が美しい品種です。また,春~初夏にかけて白い小さな花を咲かせ,その甘い香りが良いのもシルバー…

【斑入り葉と水色花!】セアノサス(カリフォルニアライラック)の新品種エルドラドの成長と開花~地植え&鉢植えで育成中

セアノサスは,別名カリフォルニアライラックとも呼ばれる常緑低木です。最も人気のある品種,パシフィックブルーは,ディープブルーの光沢のある特徴的な形の花がとてもきれいです。花からは,石鹸のような良い香りがします。 我が家では,ディープブルーの…

【花期が5~12月と長い!】チェリーセージの成長記録と開花~庭に『赤』のアクセント

今回は花壇の名脇役,チェリーセージについてです。あまり豪華に花が咲き乱れるわけではないのですが,明るい赤色が花壇のワンポイントとしてアクセントになります。そしてなんと言っても花期がとても長いです。なんと,花が少ない真夏を含めて5月~12月ま…

丈夫で育てやすい!至高の赤バラ ジークフリート(Siegfried)の成長 ~ 大苗の植え付けから初の開花まで

本ブログでは,なるべく手をかけずに管理できる庭を目指していますので,手間がかかると言われるバラは少し敬遠しているところがありました。モッコウバラは育てていますが(ガーデンアーチに誘引した白モッコウバラの成長と2年目の開花),初心者向けですし…

【ハーブの定番:タイム】我が家のタイム4種の成長を紹介!~紛らわしいタイムの種類も解説!

タイムは,ローズマリーと並んでメジャーなハーブです。また,料理に使えるだけでなく,地面を覆うグランドカバーとしても使うことができる万能植物です。この這性のクリーピングタイム(後述します)は,春の開花時に一面がピンクの絨毯のようになりとても…

冬に花が咲き 花期が長い!鉢植えギョリュウバイの(ほぼ毎月)成長記録

ギョリュウバイはオーストラリアやニュージーランド原産の常緑低木です。小さな葉がギョリュウ(中国原産の葉),花が梅に良く似ているため,日本では「御柳梅(ギョリュウバイ)」と呼ばれるようになったそうです。高級ハチミツ,マヌカハニーの花の蜜として…

【白モッコウバラ】ガーデンアーチに誘引後の成長と2年目の開花~花数が少なくなる原因も考察

我が家では,2018年に花壇にガーデンアーチを設置しまして,育てやすさを優先して,モッコウバラを誘引することにしました。花は八重咲で,色は庭の雰囲気に合うようにホワイトにしました。昨年春(2019年4月)に地植えして,ガーデンアーチへ誘引し,1年で…

【斑入り葉が洋にも和にも合う】ナワシログミ ギルドエッジの成長記録~耐陰性もありとても丈夫で育てやすい庭木

ナワシログミの中の園芸品種である斑入りのグミ,「ギルドエッジ」。最近では,ナワシログミの最新品種「マリリン」という品種が販売されてます。ともに,黄・緑の斑が美しく,枝はよく茂ってよく芽吹き、刈り込みによく耐えます。そのため,庭木としてだけ…

濃いブルーの花木:セアノサス(カリフォルニアライラック)の成長記録

セアノサスは,カリフォルニアライラックとも呼ばれる常緑低木です。最も人気のある品種パシフィックブルーは,ディープブルー(濃い青)の特徴的な花と,小さな光沢のある濃い緑の葉のコントラストがとても美しいです。また花の匂いは,石鹸のような清潔感…

青い花を咲かせる丈夫でおすすめな庭木・植物8選まとめ ~ シンボルツリー,生垣,寄せ植えに

青い花を咲かせる「草花」ということであればたくさん種類がありますが,青い花を咲かせる「庭木」はあまり多くは思い浮かばないのではないか思います。今回は青い花,あるは青に近い紫色の花を咲かせる植物に特化して記事にしてみました。庭木を中心に,草…

【お庭に黒のアクセント】トキワマンサク黒美人の成長と開花

生垣によく使われているのを見かけるトキワマンサク。一見,何か昔の人の名前のようですが,トキワは『常緑』,『マンサク』は山野に自生する落葉樹という意味があり,常緑のマンサクという意味のようです。 様々なカラーバリエーションがありますが,我が家…

【2年育ててついに開花!】ウエストリンギア(オーストラリアンローズマリー) スモーキーホワイトの成長

2018年春から育てている常緑低木のウエストリンギア スモーキーホワイト。ウエストリンギアはオーストラリアンローズマリーとも呼ばれ,見た目も似てますが,ローズマリー特有の爽快な香りはありません(無香です)。ウエストリンギア スモーキーホワイトは…

地植えして育てたゴールドクレストの驚異的な成長

今回は,2017年の庭の外構工事後に地植えしたゴールドクレストの話です。ポット苗の状態で買って地植えしましたが、約2年で驚くほど大きくなりました。ゴールドクレストの成長の早さは有名ですが,種類によっても成長速度は様々です。ですので,まずはゴー…

【赤と黄色】オタフクナンテンとゴールデンモップの組み合わせと成長記録

オタフクナンテンとゴールデンモップ。ともに耐寒,耐暑性の常緑低木で,非常に強健で育てやすく,メンテフリーで育成できます。 オタフクナンテンは夏は黄緑,冬は鮮やかに真っ赤に紅葉します。ゴールデンモップは,夏に少し黄緑がかるときはありますが,基…

【シルバーリーフ】おしゃれで上品な白い葉っぱの植物・庭木まとめ

シルバーリーフとは 植物というと緑の葉っぱを思い浮かべると思いますが,その中で特徴的なカラフルな葉色を持つ植物をカラーリーフ,その中でも特に,白や銀色の葉を持つのが「シルバーリーフ(銀葉)」です。今回は,寄せ植えのポイントやお庭のアクセント…

【冬に花が咲く】寒さ・暑さに強い常緑植物 庭木を紹介

冬を代表する植物というと,1年草のパンジー,ビオラやシクラメンがありますが,冬の間はとても良いのですが,夏には枯れてしまいます。多年草や宿根草で夏超しできたとしても,枯れたり地上部がなくなることで,庭やベランダの全体の見た目が悪くなったり,…