パパの手間いらず庭づくり+

庭づくりとガーデニング ときどき園芸雑貨 たまに庭遊び

ライムグリーンの葉・ピンク花・紅葉が美しい!『黄金シモツケ(ライムマウンド)』の成長と開花

  今回は4季を通じて楽しめる,おすすめの庭木『黄金シモツケ』の成長記録です。

 『黄金シモツケ』の特徴は,美しいライムグリーンの葉っぱです。時に蛍光色のように見える黄金葉で,日陰でも周りを明るくしてくれます。また,初夏に咲く輝くようなピンクの花は美しく,冬になれば真っ赤に紅葉と,4季を通じて1年中楽しめます。さらに育成面では,暑さ寒さ両方に強く育てやすいと,とても優秀な庭木(低木)だと思います。唯一の欠点は落葉樹であることくらいでしょうか。。

 そんな『黄金シモツケ』ですが,我が家では昨年秋に地植えしました。春前に植え替えしたりしましたが,無事に育って開花,紅葉を見せて,株も倍以上に大きく育ってくれました。

↓ 昨秋に他の宿根草(「黄金シモツケ」は宿根草ではなく低木です)とともに植え付けたときの様子を紹介しています。

www.papa-niwa.com

 

 基本情報

種類 落葉低木
学名 Spiraea japonica ‘Lime Mound’ 
花色 ピンク
開花時期 5-6月
最大樹高・横張り 60cm/60cm
耐暑性/耐寒性 普通/強

黄金シモツケの種類

f:id:enoshima07:20210620111052p:plain

黄金シモツケ ライムマウンド(左)ホワイトゴールド(中)マジックカーペット(右)

 黄金シモツケは,バラ科シモツケ属の中の黄金葉の品種です。黄金シモツケだけでも様々な種類があります。代表的なのは次の4つです。

  • ライムマウンド(Spiraea japonica ‘Lime Mound’)

  ライムグリーンの葉と,初夏に咲く明るいピンクの花が美しい品種です。今回成長記録を紹介するのはこの品種です。

  • ホワイトゴールド(Spiraea japonica‘White Gold’)

  ライムグリーンの葉は同じですが,輝くような白い花が美しい品種です。こちらの品種も記事の最後の方に出てきます。上の写真だとライムマウンドより暗い葉色に見えますが購入したときの状態によるもので,実際はほぼ同じ色です。

  • マジックカーペット(Spiraea japonica f. 'Magic Carpet’)

   ライムマウンドに似ていますが,より濃い赤ピンクの花を咲かせます。また,枝の先端の葉が赤く色付き美しいのが特徴です。

  • ゴールドフレーム(Spiraea japonica 'Goldflame')

 見た目はマジックカーペットと似ていて,赤ピンクの花を咲かせ,枝の先端の葉が赤く色づくのが特徴です。

葉色の変化

 黄金シモツケの魅力はその美しい葉色です。

3~4月の新芽が出始める頃は正に「黄金葉」といえる黄色く輝く葉色です。

その後,初夏の5月から10月くらいまでは,美しいライムグリーンの葉色を楽しめます。11~12月頃の気温が下がる頃に真っ赤に紅葉し,その後1~2月は落葉します。

日当たり 

 日当たりを好むようです。冬は落葉しますが,耐寒性はとても高く防寒の必要もないです。また他の黄金葉の植物と同様,日当たりでは葉は黄色く,日陰よりではライムグリーンになりやすいようです。

水やり

 地植えの場合は,季節問わず水やり不要です。

成長記録

2020年9~10月

  真夏のピークが過ぎた9月に,「黄金シモツケ ライムマウンド」の3号ポット苗を購入しました。サイズは横幅10cmくらいです。

 植え付けはとても日当たりの良い南向きの花壇に地植えしました。

 こちらが植え付け直後の様子です。周囲のシルバーリーフのグランドカバーは『ディコンドラ(ダイカンドラ)・シルバーフォールズ』です。ライムグリーンと白の色合いのコントラストがとても気に入ってます。

f:id:enoshima07:20210503181116p:plain

黄金シモツケ(2020年9月中旬)

 10月になりました。背後に植えてある,こちらもシルバーリーフの低木『レウコフィルム』が開花し,黄金シモツケと共演です。

f:id:enoshima07:20210503181155p:plain

黄金シモツケ(2020年10月下旬)

2020年12月(紅葉)

 12月の上旬になって,葉が少し紅葉してきました。

 植えてから3カ月ほど経ちましたが,やっぱり秋植えということで,あまり大きくならないまま冬入りしました。大きさは殆ど変わっておらず横幅10cm強といったところです。

f:id:enoshima07:20210503181223j:plain

黄金シモツケ(2020年12月上旬)

 12月下旬になり,もう葉が真っ赤に紅葉しています。

f:id:enoshima07:20210503181253j:plain

黄金シモツケ(2020年12月下旬)

 こちらがアップです。本当に真っ赤です。この後,黄色い部分が完全になくなり,さらに赤くなり,その直後くらいに落葉しました。

f:id:enoshima07:20210620165940p:plain

黄金シモツケの紅葉(2020年12月下旬)

 

2021年2月(植え替え)

 黄金シモツケは落葉樹なので,紅葉後の1月には葉が完全に落ちます。

 おまけに枝が細いので,次の写真で見ても土しか見えず,一瞬「どこに行ったのかな?」とその存在を忘れてしまいます。

 結構南向きの花壇の目立つところなので,ちょうど2月の休眠期間ということもあり,植え替えすることにしました。

f:id:enoshima07:20210503181404j:plain

黄金シモツケ(2021年2月)

 

 こちらが植え替え後です。植えた場所では,西側向きの花壇の半日陰スペースです。お気に入りの『カリフォルニア・ライラック(セアノサス)』の木の下辺りに植えています。

f:id:enoshima07:20210503181438p:plain

黄金シモツケ(2021年2月)

2021年3月

 真冬空けの植え替えで少し心配でしたが,無事3月中旬頃に新芽がでてきました。

f:id:enoshima07:20210503181517p:plain

黄金シモツケ(2021年3月中旬)

  3月になりだいぶ葉っぱが生え揃ってきました。生えたばかり新しい葉は正に『黄金色』と言える,輝くような黄色をしています。

f:id:enoshima07:20210503181631j:plain

黄金シモツケ(2021年3月下旬)

2021年5月(開花)

 3月に新芽が出てから,枝葉も伸びて成長し,大きさは横張30cmくらいにはなっています。左の木箱との位置関係から成長ぶりがわかると思います。

 そして少し蕾(つぼみ)が出来つつあります。

f:id:enoshima07:20210503181704j:plain

黄金シモツケ(2021年5月上旬)

 そして5月中旬になり,ついに開花しました!

f:id:enoshima07:20210607221748p:plain

黄金シモツケ(2021年5月中旬)

 ライムマウンドは,花も明るいピンク色でとても美しいです!また,ライムグリーンの葉も負けないくらい美しいです!

f:id:enoshima07:20210622074358p:plain

黄金シモツケ(2021年5月中旬)

 さらにアップです。こうしてみると,黄金シモツケの花は小さな花がたくさん集まってできていることが分かります。 

f:id:enoshima07:20210612201326j:plain

黄金シモツケの花(2021年5月下旬)

2021年6月(白花品種:ホワイトゴールドの植え付け)

 花は終わってしまいましたが,明るいライムグリーンの新しい葉が次々と生えてきて,半日陰エリアを明るくしてくれます。

 3月の植え替え直後の写真と比べるとはっきりわかりますが,かなり大きくなっていて,樹高30cm横幅40cmくらいはあります。

f:id:enoshima07:20210621075956j:plain

黄金シモツケ ライムマウンド(2021年6月下旬)

  だいぶ株も大きくなったので,今年の紅葉は昨年よりスケールアップしそうで,とても楽しみです。
  

 ところで,黄金シモツケがとても気に入ったので,白花の『ホワイト ゴールド』も追加購入しました。

 おしべの先端が白く輝いて見えて,とても美しいです!

f:id:enoshima07:20210620165717p:plain

黄金シモツケ ホワイトゴールド(2021年6月下旬)

 少し葉色が暗く見えますが,これは購入した店舗での株の状態によるもので,本来は「ライムマウンド」と同じ明るいライムグリーンの葉色です。近いうちに,裏庭のどこかに地植えしたいと思います。今後の成長が楽しみです!

まとめ

   今回は4季を通じて楽しめる,おすすめの庭木(落葉低木)『黄金シモツケ』の成長記録を記事にしました。黄金葉の植物は色々ありますが,ここまで明るいライムグリーンの葉を持つ植物は珍しいです。是非,寄せ植えに,生け垣のワンポイントに使って欲しい,おすすめの低木です。