パパの手間いらず庭づくり+

庭づくりとガーデニング ときどき園芸雑貨 たまに庭遊び

常緑・丈夫で花が長く咲く!ウエストリンギア(オーストラリアンローズマリー)の成長

 ウエストリンギアは,オーストラリアン・ローズマリーとも呼ばれ,ローズマリーに葉も花も似ていますが全く別の種類の植物です。また,ローズマリー特有の爽快な香りはありません(無香です)。ローズマリーより枝ぶりは細く,柔らかで小さな葉を持ち、よりクールな印象です。なんといっても花期がとても長く,真夏以外の10月~6月まで半年以上咲き続けてくれます。最近,シンプルモダン系の庭で使われているのをよく見ます。よく流通している緑葉の品種の花色は薄紫色です。

 この記事では,緑葉のノーマルタイプと,斑入りのバリエガータの2品種の成長記録をご紹介します。

 

基本情報

種類 常緑低木
学名 Westringia fruticosa
花色 薄紫/白
開花時期 10~6月
最大樹高/横張り 1.5m/1.5m(スモーキーホワイトは矮性のため60cmくらい)
耐暑性/耐寒性 強/強(耐寒温度-10℃)

ウエストリンギアの水やり

  庭植えでは,地植え直後に水をやって以降は,降雨のみで大丈夫です。

ウエストリンギアの病気・害虫

 虫は全く出ないです。ローズマリーより強い印象です。

ウエストリンギアの剪定

 成長旺盛なので,剪定は必要です。ウエストリンギアは四季咲きで,真夏の間だけ花が咲かないので,花が終わった6~7月の剪定がお勧めです。肥料は無くてもいいですが,マグァンプKを上げれば十分です。

ウエストリンギアの種類

 以下の3種類が園芸店でよく売られている種類です。

①最も流通している葉が緑で花がピンク紫の「ノーマルタイプ」,②緑葉に黄色の斑入りで花がピンク紫の「バリエガータ」,③シルバーリーフ(緑葉に白色の斑入り)で花がホワイトの「スモーキーホワイト」。花は,いずれも四季咲きです。

www.papa-niwa.com

 最近では,下の写真のように,④緑葉でホワイトの花を咲かせる品種(白花)も出てきているようです。

f:id:enoshima07:20200104094546j:plain

最近園芸店で見かけるウエストリンギアの白花

ウエストリンギアをたくさん見れる場所

 ちなみに,ウエストリンギアは,スモーキーホワイト含めて,川崎市宮前区にあるソルソファーム(SOLSO FARM)にかなりの数,品種が展示されています。おしゃれなおすすめスポットですので,ご訪問をお勧めします。

www.papa-niwa.com

ウエストリンギアの成長記録

植えた場所

 我が家では,園芸店でよく売られて流通している3種類を育てています。今ではいずれも,西側の花壇に地植えしています。この記事では,①ノーマルタイプと,②斑入りのバリエガータ,の2品種の成長記録についてご紹介します。

www.papa-niwa.com

ウエストリンギア ノーマル1代目(2018年4月-2019年10月)

 こちらの写真が,西側花壇にあるガーデンアーチの右側に植えた一代目の写真(左側)です。

f:id:enoshima07:20200519212454p:plain


 下の写真が,2019/5のときの写真で,2019/9末までずっと元気だったのですが,突然死してしまいました。秋ごろに,みるみるうちに茶色が全体に広がって,ぱりぱりになって枯れました。成長して,隣に植えているセアノサスと干渉する問題が出てきて,6月に植え替えを行ったのが原因だと思っています。1.0m強の大株に育ち,花付きも良かったので,枯れたときはとても残念でしたし,申し訳なかったです。。

f:id:enoshima07:20190501141343j:plain

ウエストリンギア ノーマル2代目(2019年5月~)

2019年5月

 お気に入りの園芸店『木村植物園』で5号鉢のウエストリンギア ノーマルタイプの苗を購入しました。5号ポットでしたので,最初は30cmほどしかありませんでした。残念ながら,植え付けた直後の写真は撮り忘れましたが,ガーデンアーチの左側のスペースに植えました。

f:id:enoshima07:20200603221433j:plain

ウエストリンギア ノーマル 2代目(2020年5月)
2019年11月

 だいぶ成長し,半年で高さ60cmくらいにまでなりました。ボリュームもかなり増えました。ウエストリンギアは四季咲きのため,10月くらいから再び咲き始めました。ただ,初代と比べると若干すかすか感があるのと花の数が少ない気がします。

f:id:enoshima07:20191230174058j:plain

ウエストリンギア ノーマルタイプ2代目(2019/11)

f:id:enoshima07:20200121220329j:plain

ウエストリンギア ノーマルタイプ2代目の開花(2019/12)
2020年2月

  花はそれほど多くはないですが,冬の間も絶え間なく咲いてくれます。真冬になると茶色ががった葉もちらほら出てはきますが,ほぼ緑のままです。1年中葉が緑をキープしてくれ,花期も長く(10~6月),とても使い勝手のいい庭木です。最近人気がでているのが分かります。

f:id:enoshima07:20200202164701j:plain

ウエストリンギア ノーマル 2代目(2020/2)
2020年4月

 かれこれ10月から半年以上咲いていますが,今が満開でしょうか。花がたくさんでとてもキレイです!大きさは,高さ,横張りとも80cmくらいにはなっています。

f:id:enoshima07:20200407090656j:plain

ウエストリンギア ノーマル(2020/4)

f:id:enoshima07:20200404235003j:plain

ウエストリンギア ノーマル(2020/4)

ウエストリンギア バリエガータ

2018年4月

f:id:enoshima07:20200519212531p:plain

ウエストリンギア バリエガータ(2018年4月)

 1代目と同時期の2018年4月ごろに西側の花壇に,斑入りのバリエガータを地植えしました。買った時のサイズは高さ40cm程度です。1年目の2018年は,花付きの良いノーマルタイプが目立っていましたが,2019年の秋頃から突然花付きが良くなりました。

2019年4月

 植え付けてから約1年後です。隣のウエストリンギアノーマルタイプと比較すると少し小さいですが,かなり大きくなっているのが分かります。このときのバリエガータの高さは70cmでした。また,横張りも同じくらいあります。ちなみにバリエガータの左にあるノーマルタイプは,夏に植え替えたところ,秋ごろに枯れてしまいました。。写真で見てもわかる通り,かなり横張りが大きくなり込み合ってきたので,蒸れ解消のために植え替えたのですが,時期が悪かったようです。ノーマルタイプには申しわけなかったのと,花付きがとてお良くお気に入りだっただけにかなりのショックでした。。

f:id:enoshima07:20200519212631p:plain

ウエストリンギア バリエガータ(2019年4月)
2019年12月

 7月に一回剪定しましたが,この時点で高さ,横張とも1mくらいあります。やはりウエストリンギアは成長が早いようです。

f:id:enoshima07:20191230172551j:plain

ウエストリンギア バリエガータ
2020年4月

  ノーマルタイプと同時期にバリエガータも満開です。葉色が斑入りで明るい分,花の色が濃く見えます。実際は同じくらいの濃さです。こちらもかなり大きくなって,高さ1.2m,横幅1mもありました。

f:id:enoshima07:20200418223039j:plain

f:id:enoshima07:20200407090937j:plain

ウエストリンギア バリエガータ(2020/4)

まとめ

 ローズマリーよりクールな印象の常緑低木で,モダンな住宅に庭木として最近よく見かけます。白花のスモーキーホワイトは,銀葉で同じ銀葉のオリーブなどの相性が良く寄せ植えのように使われているのを見かけます。

 ウェストリンギアの特徴は,なんといっても花期がとても長く,真夏以外の10月~6月まで半年以上咲き続けてくれることです。その上,常緑・丈夫で成長も早く,庭をすぐに完成させたい初心者の方にも向いている庭木と思います。とてもおすすめです。

その他,おすすめ常緑低木

www.papa-niwa.com

www.papa-niwa.com

www.papa-niwa.com