パパの手間いらず庭づくり+

庭づくりとガーデニング ときどき園芸雑貨 たまに庭遊び

【斑入り葉が洋にも和にも合う】ナワシログミ ギルドエッジの成長記録~耐陰性もありとても丈夫で育てやすい庭木

 ナワシログミの中の園芸品種である斑入りのグミ,「ギルドエッジ」。最近では,ナワシログミの最新品種「マリリン」という品種が販売されてます。ともに,黄・緑の斑が美しく,枝はよく茂ってよく芽吹き、刈り込みによく耐えます。そのため,庭木としてだけなく生け垣としても利用されています。また,花の少ない冬の入り頃に,香りの良い白い小さな花も咲かせます。実際育ててみて,とても成長が早く,耐陰性まである,とても育てやすい初心者向きの庭木であることが分かりました。今回は,グミの斑入り品種である「ギルドエッジ」の成長と,番外編で「マリリン」について少し成長の様子をご紹介します。

 基本情報

種類 常緑低木
学名 Elaeaguns Gilt Edge
花色 白 (あまり目立たない)
開花時期 10~11月
最大樹高/横張り 2m/1.5m
耐暑性/耐寒性 強/強

 

グミの種類

 最初に書きましたが,原種のナワシログミ(下の写真)に斑は入っていません。斑入りの品種では,ギルドエッジ,マリリンの2種類があります(2020年現在)。葉の模様は マリリンとギルドエッジで良く似ていますが、ギルドエッジが外斑なのに比べて,マリリンは中斑で,黄・緑の内・外の模様が逆です。 

f:id:enoshima07:20200426230022p:plain

近所の公園にあったナワシログミ(2019/12)

グミの水やり

 庭植えでは,地植え直後に水をやって以降は,降雨のみで大丈夫です。

グミの病気・害虫

 殆ど出ませんが,稀にハキリムシ系が出ることもあるようです。

グミの肥料

 成長が早いうえに病害虫にも強いので,基本的には肥料はなくてもいいと思います。以下の成長記録では,成長を早めたかったこともあり,少量のマグァンプKを施肥していました。これが原因か分かりませんが,かなりのスピードで成長しました。

グミギルドエッジの成長記録

*半年に一回のマグァンプ適量と降雨のみで育成

植えた場所

 家では,西側花壇に植えました。下のリンクで「ガーデンアーチ」と書いた場所の下(北寄り)あたりです。日当たりは,12~16時くらいの場所です。西日は西側の隣家の陰になるので,あまり当たりません。

www.papa-niwa.com

2018/5

 植え付け直後です。樹高は60cm弱といったところ。西側のLIXILフェンスは,15cmのブラウンのフェンス部分が6枚ならんで構成されていますが,まだその3段目くらいです。

f:id:enoshima07:20191230000814j:plain

地植えしたばかりのグミギルドエッジ(2018/5)下に見えるのはゴールデンモップ

2019/12

 だいぶ写真をさぼって2夏越えてしまいましたが,1年半経ってフェンスをはるかに超えて平均1.2mくらいに成長しました。左側の徒長した枝は1.6mくらいです。横張りも1mくらいあります。植えつけ時は60cm弱くらいでしたから,1年6カ月経って2倍以上の高さに成長しています。植えている西側花壇の土は粘土質で,お世辞にも良質とは言えない土での育成があることを考えても,成長はかなり早いといえるのではないでしょうか。

f:id:enoshima07:20200426224221p:plain

西側花壇のグミギルドエッジ(2019/12)

  今のところ剪定はしていなく伸ばしっぱなしで,徒長した枝もありますが,成長が早いため庭の雰囲気に合わせていろいろな刈り込みを試せると思います。いろいろな楽しみ方ができる庭木だと思います。また,冬なのに殆ど葉を落とさず,見た目が全く寂しくならないのも,この庭木の魅力です。 

 よく見ると,一部で白花が咲き始めています。見た目は地味ですが,甘い良い匂いがします。

f:id:enoshima07:20200426221835p:plain

2020/4

 新しい葉が出てきましただいぶ写真をさぼって2夏越えてしまいましたが,また一段と大きくなっています。主枝の高さは140cmまで成長しています。また,かなり新葉が出てきているのが分かると思います。新葉は出始めから,あっという間に成葉と同じサイズまで成長しました。

f:id:enoshima07:20200426213100p:plain

西側花壇のグミギルドエッジ(2020/4)

 お気づきと思いますが,新葉は銀色(シルバー)にキラキラと輝いていて斑が入っていません。成葉は,濃い緑と黄色ですが,特に輝いている訳ではありません。新葉と成葉で色合いが全く異なるところも,ギルドエッジの面白いところです。

 この後,一カ月くらいかけて,新葉は成葉と同じ色に変わっていきます。

f:id:enoshima07:20200426213612p:plain

グミギルドエッジの新葉(2020/4)

番外編:ナワシログミ・マリリンの成長記録

 最初のほうに書きましたが,ギルドエッジは外斑ですが,マリリンは中斑で,黄・緑の内・外の模様が逆です。ギルドエッジの斑入り葉と丈夫で成長が早いところが気にいっていたところに,園芸店でこのナワシログミ・マリリンを見つけてしまい,衝動的に買ってしまいました(2019年3月)。ガーデニングあるあるで,買ってから植える場所を考える,という状態になってしまいました(笑)

 メインの庭や花壇には植える場所がなく,仕方なく北側の整備中の裏庭に植えてみました。

f:id:enoshima07:20191230000915j:plain

北側の庭に植えたナワシログミ マリリン(2019/11)

 ほとんど直射日光が当たらない場所ですが,1年以上元気に全く問題なく育っています。結果的にではありますが,かなりの耐陰性があることも確認できました。(そういえば,数十年も前から同じ北向きの裏庭にあるツバキもとても耐陰性が高いです。)

f:id:enoshima07:20200426231558p:plain

北側の庭に植えたグミギルドエッジ(2020/4)

まとめ

 今回は,グミの斑入り種であるギルドエッジとマリリンについてご紹介しました。

 実際育ててみて,多少地味ではありますが(笑),いい点を挙げるとき切りがなく,斑入り葉が綺麗,冬に殆ど葉を落とさず見た目が寂しくならない,成長が早く暑さ・寒さ・病害虫にも強い,おまけに耐陰性まであります。葉のサイズや模様さえ気に入れば,かなりおすすめできる庭木です。

こんな記事もあります

www.papa-niwa.comwww.papa-niwa.com

www.papa-niwa.com