パパの手間いらず庭づくり+

庭づくりとガーデニング ときどき園芸雑貨 たまに庭遊び

おしゃれな横長の大型『プランター』をフラワーボックスに入れて飾ってみた!

今回はガーデン雑貨関連で,夏場に購入した大型の横長『プランター』についてです。我が家には,窓に取り付けたフラワーボックスがあります。家の見た目を少しでもよくしたい・・・ということで取り付けたのですが,設置後もずっと空のままでした。せっかく設置したフラワーボックスなのに勿体ない。かといって,ありきたりな茶色のテラコッタ鉢を並べるのも家の雰囲気と合わないし,そもそも軽くて強風時に心配です。

ということで,質感も良く重すぎないファイバークレイ製の大型プランターを購入してみました。

 

プランターの選定

フラワーボックスのデザインは気にっているので,おしゃれなフラワーボックスに合う重厚感のあるプランターを探しました。フラワーボックス(幅180cm)に2つ並べて,キレイに収めるイメージです。

www.papa-niwa.com

ファイバークレイ製

ファイバークレイとは,ガラス繊維(ファイバー)の素材の筐体に,セメントを塗り重ねて作る工法です。一般的な焼き物と比べて衝撃に強いです。また,外側はセメントなので,ストーン製のような重厚感や高級感がありながら,セメントオンリーの素材のものと比べてだいぶ軽量です。

検討したプランター

今回は,幅広く求めるプランターを探したかったので,ネットで探すことにしました。(園芸店もいいのですが,種類が限られるので訪問するだけで終わることが多いのです。。)

 

次に,プランター探しの過程で見つけた,いくつかのおすすめアイテムを紹介します。

まずはこちらのプランター。ファイバーグレー製の大型プランターの中では比較的安価なのに,ダークグレーのボディとデザインはしっかりと重厚感があります。とても気に入ったのですが,我が家のフラワーボックスに収めるには少しばかり大きく(本体:幅 800×奥行 320×高さ 335mm),購入を諦めました。

 

その他,白系だとこちらも良かったです。今回の用途には少し小型でしたが(60cm / 奥行 24cm / 高さ 24cm / 重量 7.5kg),とても素敵なプランターだと思いました。

 

今回はグレー系を求めていたので,最終的に選んだのはこのプランターです。 決め手はデザインが一番気に入ったのと,何よりサイズ(幅75cm×奥行28cm×高29cm,8.24kg)がちょうど良かったからです。

 

いずれも良かったので迷いに迷ったのですが,最終的にはこんな感じで,チープなパワポの画像編集なども使って設置をイメージして決めました。

画像編集で頑張ってフラワーボックスに合うプランターを検討・・

という訳で求めていた,フラワーボックス(幅180cm)にキレイに収まって,グレー系で,重厚感のあるファイバークレー製のプランターが見つかったので,2個注文しました。

プランターの開封

いよいよプランターが到着です!

今回,大型のプランターを初めてネット購入しました。同じように初めての方の参考になると思うので,開封の様子も紹介してみます。

まずこちちらが段ボールの荷物が届いて,開封したときの様子です。プランターサイズが幅75cm,しかも2個なのでかなりの大きさです。。

プランターの入った段ボールを開封

割れモノをこんなぴったりの段ボールで長距離輸送して大丈夫なの?と思いますが,緩衝材がちゃんとしているので大丈夫そうでした。

 

段ボール箱の中の緩衝材

次のプランターの取り出しです。

手荒く扱うと,フローリングに傷ができそうなので慎重に取り出し,移動します(敷物を使いなさい,という話ですが・・・)。

プランターを取り出し!

ちなみのこの写真で,後ろにある大理石調のテレビ台は以前こちらの記事でご紹介したものです。

www.papa-niwa.com

 

プランターに話を戻しますと,実際現物を見てみてとても重厚感があり質感も良く,購入前にイメージしていた通りです。前面の英国調デザインのマークがおしゃれです。

プランターのマーク

 

フラワーボックスの設置

庭に置いてみた

今回のおしゃれなプランター,せっかくなのでいろんなところ置いて写真を撮ってみました。まずは,我が家の南側の庭の芝生の上に置いてみました。

プランターを芝の上に移動

グレーの重厚感のあるグレーのプランターが芝生の緑とマッチしていると思います。

プランターを庭に置いてみた

もうここで良いんじゃないか,と思いながら元々置く予定だったフラワーボックスに設置してみました。その結果は・・・

フラワーボックスに設置

まぁ,まず一旦外に出した8kgの大きなプランターを周囲にぶつけないように2階の設置場所の窓の前まで持っていきます。

その窓を外から見たのがこちらです。

プランター設置前

そして,家の中から窓を通してプランターを設置していきます。

窓のサッシにぶつけたくない,鋳物のフラワーボックスも傷つけたくないということで,手をプルプル震わせながらなんとか1つ目のプランターを設置!

プランターをフラワーボックス内に設置(1つ目)

続けて2つ目も設置完了!

プランターを2つともフラワーボックス内に設置した後の様子がこちらです!

プランターをフラワーボックスに設置後

・・・うーん,設置前と比較しても,この写真からだと特に大きな変化感じられないでしょうか・・少し窓が大きく見えるようになった気がしないでもないでもない?といったところでしょうか。。。

プランター自体はとてもおしゃれなので,この場所に飽きたら見た目の良かった芝生の方に置くかもしれません。

ということで,今回の大型プランターの記事は終了です。

まとめ

 今回は,自宅の窓に取り付けていたフラワーボックスに中に入れる大型の『プランター』について記事にしました。サイズとデザインを両立するものを探してきました,最終的に満足できるデザインでかつフラワーボックスにピッタリなプランターを見つけることができました。探す次いでに,他にもおしゃれなものがたくさん見つかったので,大型のプランターを探すときの参考にもなれば幸いです。