パパの手間いらず庭づくり+

庭づくりとガーデニング ときどき園芸雑貨 たまに庭遊び

【春先に咲く純白の花!】常緑・丈夫で育てやすい『イベリス』の3年間の成長記録

f:id:enoshima07:20210401215756p:plain

 今回は,春に明るい白花を咲かせる『イベリス』について紹介します。「イベリス」は「宿根イベリス」とも呼ばれますが,常緑の濃い緑の葉っぱと,これと対照的な,真っ白な小花を集めたようなかわいらしい花が特徴です。その名はスペインの『イベリア半島』に由来しているようですが,地中海原産の植物らしく,暑さにも寒さにも強いのも嬉しい特徴です。

 我が家でも育成してみて,暑さ・寒さの両方に強く,数度の植え替えにも耐えて,一度に枯らさずに育てることができています。また,あまり大きくならず育てやすく,ほったらかしの管理でも毎年きれいな花を咲かせてくれます。その真っ白な花は,開花シーズンの春先の花壇の中でも一際目立つ存在です。今回は,そんなイベリスの3年間に育成記録について紹介します。

 

基本情報

種類 常緑多年草(亜低木)
学名 lberis
花色
開花時期 3-5月

最大高さ/横張り

30cm/30cm
耐暑性/耐寒性 普通~強/強

イベリスの種類

 イベリスは,もともと一年草(アマラ,ウンベラータ),多年草あるいは亜低木(センペルビレンス)と様々なタイプと,それに紐づく品種があるようです。

 園芸店に『宿根イベリス』などとして出回っている殆どが,今回紹介する多年草あるいは低木に分類され,毎年花が咲く「イベリス・センペルビレンス」です。

 ですので、品種選びに迷ってしまうことは殆どないと思います。

日当たり

 日当たりを好みます。日当たりが悪いと枝が間延びしたり,花付きが悪かったりします。

水やり

 地植えの場合は水遣りは不要です。地中海原産の植物らしく,乾燥にはかなり強いようです。

成長記録

2018年5月(植え付け)

 園芸店で,開花後の苗(3.5号ポット)を買ってきました。

 地植えした場所は,西側花壇の2か所。

www.papa-niwa.com

 

 1つは西側花壇の南側,第2シンボルツリー「オリーブ」の木の下あたりです。木の下あたりといっても,もともと日ざしが強い上に,木の南側に植えているので,かなり日照時間は長いです。夏だと10~15時くらいで直射日光が当たる場所です。

 2つ目は西側花壇の北側の玄関前あたりです。ここにも記事にしていないオリーブがあるのですが,その株元あたりに植えています。西側花壇の南側よりは日照時間が短いですが,夏だと12~16時くらいで直射日光が当たる場所です。

 

 まず最初に,2018年に西側花壇南側に植えた「イベリス」です。開花後の苗なので花は咲いていません。

f:id:enoshima07:20210211111025p:plain

イベリスと「スーパーアリッサム」のコラボ  西側花壇南側(2018年5月)

 ちなみに花の形が似ているので紛らわしいですが,隣(写真上側)に植わっている白花は「スーパーアリッサム」です。

2019年12月

  だいぶ写真をさぼっていまして・・・,もう2夏も過ぎてしまいましたが,西側花壇南側に植えた「イベリス」は元気です。

 イベリスは寒さにも強くて,真冬でも常緑をキープできます。そして,寒さのピークが明けた翌年2月くらいから,早くも新芽が出始めます。

f:id:enoshima07:20210211110217p:plain

イベリス  西側花壇南側(2019年12月)

2020年4月(開花)

 イベリスの開花シーズンになっていました。2019年4月以来の2回目の開花です。

 こちらは3月下旬頃に咲き始めた頃の様子です。

 開花初期は,小花の数が少なかったり,蕾が開き切ってなかったりして,花は少し小ぶりだったり,形が揃わないものが目立ちます。

f:id:enoshima07:20210321134417p:plain

イベリス  西側花壇南側(2020年3月下旬)

 4月中旬になり満開になってきました。小花の数も増えて花のサイズも大きくなり,迫力が出てきました。

f:id:enoshima07:20200613230341j:plain

イベリス  西側花壇南側(2020年4月上旬)

 3月下旬~4月下旬の一カ月ほど咲いて,イベリスのシーズンは終了です。

 

2020年8月

 真夏になりました。この年(2020年)の夏は本当に暑くて,いくつかの植物は弱ってしまったり,枯れてしまったりしましたが,『イベリス』は葉っぱこそ少し減りましたが,無事に生きてます。

f:id:enoshima07:20201010171450p:plain

イベリス 西側花壇南側(2020年8月)

 次の写真がアップです。やはり,ちょっと葉が落ちてしまっているように見えます。

 ちなみに,枝に注目すると少し木質化していることが分かります。

 イベリスは草花の1種である多年草または亜低木に分類されますが,亜低木に分類されるのは,その辺に理由があると思います。

 

それにしても,もう2年以上地植えしている割には,高さ20cm,サイズは20~30cmくらいと,あまり大きくなりません。イベリスの成長はゆっくりのようです。

f:id:enoshima07:20210321113224p:plain

イベリス 西側花壇南側(2020年8月中旬)

 

  次の西側花壇北側のイベリスです。

 先日記事にした「ディコンドラ(ダイカンドラ)・シルバーフォールズ」が広がってしまっていますが,その隙間に植わっています。(実際には,イベリスの株間の隙間を植えるように,ディコンドラが広がっているのですが。。。)

f:id:enoshima07:20210321113305p:plain

イベリス  西側花壇北側(2020年8月中旬)

 次の写真がアップです。

 雑草が多くて見ずらいですが,葉が落ちずにたくさん残っていて元気に見えます。

 北側で直射日光の時間が短いためでしょうか。ともかく,8月中旬のこの夏の暑さなのに,とても強健に育っていると思います。

f:id:enoshima07:20210327065910p:plain

イベリス  西側花壇北側(2020年8月中旬)

2021年1月

 真冬になってきました。まずは南側のイベリスです。

 実は,秋口のまだ暑い頃に,左にある赤い葉の「コプロスマ」と黄金葉の「ロニセラ」を植えるために,植え替えて少しだけ場所を移動してます。

 真冬でかつ植え替えにも耐えて,常緑をキープしてくれています。そういえば,これまで『イベリス』を育ててて来て,一度も枯らしたことが無いです。暑さ寒さ植え替えに強く,とても強健な植物だと思います。

f:id:enoshima07:20210321113558p:plain

イベリス  西側花壇南側(2021年1月中旬)

 こちらが北側に植えた「イベリス」です。 

 このイベリスも場所移動のため植え替えをしたためか,少し葉を落としていますが,常緑をキープしています。

f:id:enoshima07:20210321113514p:plain

イベリス  西側花壇北側(2021年1月中旬)

2021年3月(開花)

 開花のシーズンになってきました。ちなみに,園芸店では2月くらいから開花苗が売りに出されていますが,関東以南で地植えした「イベリス」の開花は早くて3月中旬以降のようです。

 

 それでは,3月上旬から開花の様子を見ていきます。

 まずは、西側花壇の北側に植えたイベリスです。相変わらず荒地感が凄いですが(苦笑),明るい緑色の新芽が出ています。

 

 新芽は真冬のピークが過ぎた2月中旬ころから生え始めます。そして,3月上旬から小さな蕾も出来てきました。

f:id:enoshima07:20210321112651j:plain

イベリス  西側花壇北側(2021年3月中旬)

  こちらが3月下旬の様子です。まだ本開きではないですが,だいぶ花が開いてきました。

f:id:enoshima07:20210327070446p:plain

イベリス  西側花壇北側

 1年前の開花のところでも書きましたが,開花初期は花の形が整わない場合が多いです。

f:id:enoshima07:20210327070554j:plain

イベリス  西側花壇北側

 同じ場所なんですが,こちらの株はだいぶしっかりと花が開いてきました。

f:id:enoshima07:20210327070607j:plain

イベリス  西側花壇北側

 さらに一週間後です。周りの植物も開花をし始めて,よりイベリスが映えます。

 左の白花が「ローダンセマム」,青花は「アジュガ」,右のピンク花が「ボロニア」

です。

f:id:enoshima07:20210401215847p:plain

イベリス(2021年3月下旬)

 

 同時期(3月下旬)の西側花壇の南側の様子です。

 写真左側の『ローダンセマム』は,満開です。一方,『イベリス』ですが,日当たりはこちらのいいはずなんですが,まだ咲いていません。

f:id:enoshima07:20210327070740p:plain

イベリス  西側花壇南側(2021年1月中旬)

 またイベリスが満開になったときに写真を追加してみようと思います。

まとめ

 今回は,春先に純白の花を咲かせる『イベリス』の3年間の成長について記事にしてみました。

 実際育ててみて,とても強健で,大きさも最大30cm程度と大きくなり過ぎず,水遣り・剪定不要のほったらかしの管理でも育てられました。また何といっても,春の訪れを感じさせる純白の花が美しい,とてもおすすめ植物です。