パパの手間いらず庭づくり+

庭づくりとガーデニング ときどき園芸雑貨 たまに庭遊び

【秋の香木】キンモクセイ、ギンモクセイ、ヒイラギモクセイの違いは?~我が家の木犀の四季の移ろいと秋の開花

 秋の代表的な庭木『キンモクセイ』についてです。『キンモクセイ』は三大香木(他 ジンチョウゲ(春),クチナシ(夏))との1つとされ,強く甘い香りを庭に漂わせてくれます。我が家では,樹齢40年近くになる地植えの『キンモクセイ』がありまして,その開花と甘い香りは毎年秋シーズンの楽しみになっています。

  今回は,秋の庭木『キンモクセイ』と,『キンモクセイ』とよく似た『ギンモクセイ』『ヒイラギモクセイ』の違い,見分け方を中心に記事にしてみました。また,我が家の『キンモクセイ』と,『ギンモクセイ』とくよく似た『ヒイラギモクセイ』(ギンモクセイとヒイラギの交雑種)の開花を中心とした四季の移ろいについてもご紹介します。

 

基本情報

 まず,キンモクセイ、ギンモクセイ、ヒイラギモクセイの基本情報を整理します。

名前 キンモクセイ ギンモクセイ ヒイラギモクセイ
学名 Osmanthus fragrans Silver Osmanthus fragrans Osmanthus ×fortunei
科目/属 モクセイ科/モクセイ属
木の種類 常緑小高木
開花時期 9~10月
最大樹高/横張り 3~5m
耐暑性/耐寒性 強/強
花色 オレンジ
葉の形 トゲ無 小さなトゲ有 大きめのトゲ有

キンモクセイ・ギンモクセイ・ヒイラギモクセイの違い

違い①:花色

 キンモクセイ,ギンモクセイ,ヒイラギモクセイの見分け方は簡単です。まず,その中の通り花の色はキンモクセイがオレンジ色なのに対して,ギンモクセイ(銀木犀),ヒイラギモクセイの花色はです。

違い②:葉の形

 また,花が咲いていない時期でも違いは分かります。キンモクセイの葉は丸みがありますが,ギンモクセイ,ヒイラギモクセイの葉のまわりがトゲ(ギザギザ)があります。

f:id:enoshima07:20201005215624p:plain

左:キンモクセイの葉,中央:ギンモクセイの葉、右:ヒイラギモクセイの葉

 ともにトゲのあるギンモクセイ,ヒイラギモクセイの葉の違いですが,ギンモクセイの葉のトゲは遠目からでは見えないくらい小さいのに対して,ヒイラギモクセイのトゲははっきりわかる大きさです。ギンモクセイ,ヒイラギモクセイはしばしば混同されるので注意しましょう。

 つまり,キンモクセイ,ギンモクセイは,花色(オレンジ or 白)と花が咲いてなくても葉の形(トゲ無or トゲ有)を見れば見分けることができます。

育て方

 実際とても育てやすく,暑さ,寒さ両方にとても強いです。真夏の直射日光に終日浴びても大丈夫ですし,真冬の雪に降られても問題ありません。

キンモクセイ・ギンモクセイ・ヒイラギモクセイにつく害虫

 基本的に病害虫にも強い庭木です。ただし,キンモクセイ,ギンモクセイ,ヒイラギモクセイにつく唯一といっていい害虫と言えば,テントウムシに似た『テントウミノハムシ』です。大きさは,テントウムシより一回り小さい3mmくらいしかありません。

 動きはテントウムシと違って素早く,物理的あるいは殺虫剤などで刺激を与えると,ピョンっと見えないくらいのスピードで飛んで行ってしまいます。 

f:id:enoshima07:20200810065258p:plain

我が家のヒイラギモクセイの葉についた『テントウミノハムシ』

 2018年に大発生して,薬剤サンプルで対処したのですが,せっかくの常緑葉をかなり食われてしまい本当に苦労しました。

 

 予防方法ですが,成虫が木下の枯れ葉に卵を産み付けるので,幹の下の枯れ葉は撤去しておくことが重要です。これをしても,毎年少しは近所から飛んできてついていますが,大発生しなければそこまで神経質になることはないかもしれません。見た目もイモムシやケムシより取っつきにくい感じではないですし。。

 

 とにかく,幹下の枯れ葉の撤去と,防虫・殺虫剤が効きますので,予防を万全にするのと,発生したら早めに駆除をしましょう。 

 

我が家の樹齢40年『キンモクセイ』『ヒイラギモクセイ』の季節の移り替わり

 それでは我が家にある『キンモクセイ』,『ヒイラギモクセイ』(実は長年『ギンモクセイ』と勘違いしてました。。)の四季の移り変りをみて行きます。 冬から初夏,夏そして開花の秋までの様子をお届けします。

 

 ちなみに両方とも,自分が植えたものではなく,先代が植えたものを家の建て替え時に撤去しないで残したものです。樹齢は40年くらいはあると思います。

 古くからある庭木が残る我が家の東側の花壇の様子はこちらの記事で紹介しています。良かったら併わせて読んでみてください。

www.papa-niwa.com

『冬』の様子(1月下旬)

 常緑樹ということで,真冬でもさずが葉は緑のままで,かつあまり落葉しません。

f:id:enoshima07:20201003142358p:plain

キンモクセイ(金木犀)(2020年1月下旬)

『春』の様子

 こちらキンモクセイです。春咲きに新芽が出てきて葉が増えてきました。

f:id:enoshima07:20200810065758j:plain

キンモクセイ

 次が『ヒイラギモクセイ』です。ギンモクセイとヒイラギの交雑種で,葉のトゲがギンモクセイよりはっきりしています。

f:id:enoshima07:20201003141417j:plain

ヒイラギモクセイ(5月中旬)

 ちなみに,このヒイラギモクセイのトゲですが,かなり固めで肌にあたると結構痛いです。常緑といっても冬に少し葉を落としますが,落ち葉は水分が抜けてさらに葉が固くなって,指に刺さると血がでるレベルですので注意が必要です。

f:id:enoshima07:20200810065730j:plain

ヒイラギモクセイ(5月中旬)

『夏』の様子(8月中旬)

 今年(2020年)の夏が酷暑でしたが,キンモクセイは余裕も夏越します。葉が落ちたり,葉焼けしたりなどの様子は見られませんでした。

f:id:enoshima07:20201003135359j:plain

キンモクセイ(8月中旬)

  ヒイラギモクセイも同じく元気です。

f:id:enoshima07:20201003141224j:plain

ヒイラギモクセイ(8月中旬)

『秋』の様子(10月上旬):開花!

 10月になり涼しくなったころ,庭にでるととっても甘くて芳ばしい匂いが・・・キンモクセイに目を向けると,開花していました!さすが,キンモクセイ,匂いで開花に気づくなどめったにないのですが。

f:id:enoshima07:20201003135426j:plain

キンモクセイ(10月上旬)

  気づかなかったことが不思議なくらい,満開に咲いています。匂いに目が行きがちですが,オレンジ色の小さな花も可愛らしくてとても魅力的です。 

f:id:enoshima07:20201003135445j:plain

キンモクセイ(10月上旬)

 1つ欠点を言うと,花が終わった後に樹下が花がらでいっぱいになるのですが,花が小さいから回収しずらくて掃除が少し面倒です。。

 ヒイラギモクセイの開花はまだですが,開花したら記事を更新したいと思います。

まとめ

  今回は,秋の庭木『キンモクセイ』『ギンモクセイ』『ヒイラギモクセイ』の違いと,我が家の樹齢約40年の『キンモクセイ』『ヒイラギモクセイ』の四季の移り変わりについて記事にしてみました。 記事の内容が参考になれば幸いです。