パパの手間いらず庭づくり+

庭づくりとガーデニング ときどき園芸雑貨 たまに庭遊び

【黒い枝葉と黄花が個性的!】『コロキア・コトネアスター』の地植え成長記録 ~ほぼ放置で2年間育成~

 コロキアは,南半球プランツ(ニュージーランド原産)で,黒(ブラック)あるいはグレー(灰色)のカラーリーフとして最近人気の植物です。 葉と同じ灰色の細い茎は曲がりくねった特徴的な樹姿。園芸店でも,おしゃれな鉢に植えられているのを見たことある方もいるのではないでしょうか。実際,鉢仕立てや寄せ植えに使われるのが一般的なようです。

 我が家では,そんなコロキアを珍しく地植えして育てています。3号ポットから育て始めたのですが,植えた場所が悪く,一時存在すら忘れていました。が,一切の手入れなく2年経って立派に大きく育ってくれました。一方,コロキアは初夏に素敵な黄色花を咲かせるはずなのですが,まだ2年間で一度も開花しておらず,その原因についても記事にしてみました。

 

基本情報

 やはり魅力は,カラーリーフです。春先に新し葉は緑がかっていますが,秋から冬にかけて寒くなるにつれ,濃いグレーに変化していきます。つまり,一年を通じて,カラーリーフを楽しむことができます。初夏には小さな黄色の花を咲かせ,暗い色の枝葉とマッチします。性質は非常に強健で,耐暑性・耐寒性ともに強いです。

種類 常緑低木
学名 Corokia cotoneaster
花色 黄色
開花時期 4~6月
最大樹高/横張り 1.5m/1.5m
耐暑性/耐寒性 強/強(耐寒温度-5℃)

コロキアの成長記録

2018年3月(植え付け)

 園芸店で見つけて,この黒い樹姿に惹かれて,小さな3号ポットを衝動買いしました。

f:id:enoshima07:20200613112457p:plain

コロキア(2018年3月)

 大きさは,高さ,幅とも10cmくらいでとても小さいです。

 園芸あるあるで,その時点で植える場所を決めていませんでしたが,鉢植えだと水枯れが心配だったので,西側花壇に仮植えしました。

www.papa-niwa.com

 

 こちらが植え付け直後の様子です。

f:id:enoshima07:20200613125010p:plain

コロキア(2018年3月)

2018年5月

 2カ月経って少し成長して大きくなっています。。

 手前に『シルバープリペット』が植わっていて見ずらいですが,この後『シルバープリペット』かなり成長を見せます。。これによって,さらに『コロキア』が見えずらくなって,その存在を忘れてしまいます(笑)

f:id:enoshima07:20200613124639p:plain

コロキア(2018年5月)

 ちなみに隣の黄色い花がコロキアの花のようで紛らわしいですが,こちらは雑草「カタバミ」の花です。

 

 右隣には,こちらも植え付けたばかりで,同じオージープランツのシルバーリーフ『オレアリア・リトルスモーキー』を植えています。

 白と黒のコントラストということで植えてみたのですが,残念ながらこの後1年で枯れてしまいました。。

www.papa-niwa.com

2020年3月

 コロキアを地植えしてから,なんと約2年が経ちました。だいぶ写真を記録するのを忘れていました。というより,手前にあったシルバープリペットの成長が旺盛で,その背後にあるコロキアの存在をすっかり忘れていました(笑)

www.papa-niwa.com

  このようにシルバープリペットが茂り過ぎて,コロキアの存在を思い出してから探さないと見つからないような状態になってしまいました。ということで,剪定,水遣り,肥料,その諸々の手入れは一切していません。。

f:id:enoshima07:20200322230418j:plain

 偶然何かの拍子に『コロキア』の存在を思い出し,シルバープリペットをかき分けて,なんとかコロキアをフレーム全面に入れることができたのが下の写真です。

 少し分かりにくいですが,だいぶ大きくなっています。メジャーをあてて測定してみたところ,高さは60cm弱ありました。日当たりを良くすればもっと大きく育っていたのかもしれません。

 ただ,成長旺盛なシルバープリペットなどに比べると成長はだいぶ遅いです。日当たりが悪かったせいもあるかもしれませんが,調べるとだいたいこんなスピードのようなので,ある意味育てやすいかもしれません。

f:id:enoshima07:20200322092312j:plain

 それにしても,ほぼ2年間,存在も忘れるほど放置だったのに,ここまでちゃんと育ってくれたのは立派です。肥料も水やりもしていません。一見,繊細な雰囲気もありますが,かなり強健な常緑低木のようです。

2020年6月

  春先から3カ月経過して初夏になり,緑色の新芽がたくさん出てきました。この葉は,秋から冬にかけて濃いグレーに変化していきます。

 また,一段と大きくなった気がします。実際測ってみると,一番高いところで70cmもありました。コロキアの花期は4~6月と言われていますが,どうやら今年は花が咲かなそうです。花を待つと来年になってしまう,ということでこのタイミングで一度記事をアップしてみました。

f:id:enoshima07:20200613114014j:plain

コロキア(2020年6月中旬)

 

開花しない理由と鉢植えの検討

開花しない理由

 地植えのコロキアですが,強健な性質もあって,完全放置にも関わらず,しっかり育って大きくなってくれました。一方,2年間育てて一度も開花してくれていません。

 この理由の1つには日照不足があるようです。今回植えた場所は,植えた当初は日当たりは良かったのですが,同時期に植えた『シルバープリペット』が大きくなり過ぎて,日中のお日様が真上にくる11~13時くらいしか直射日光が当たらなくなっています。今後,黄色の花を咲かせるには,もっと日照時間が長い場所への植え替えが必要そうです。

 2つめの理由がコロキアの性質です。こちらの記事を参照すると,やはり同様に花を咲かすまで数年要したという情報があります。ですので,コロキアを小さい苗から育成する場合,2年程度は開花まで待つ必要がありそうです。

鉢植えの検討

 植えた場所が悪く,日照不足なのと,せっかくのおしゃれなコロキアが目立たなく,もったいなく思っています。近いうちに掘り起こして,鉢植えにして育てることも検討したいと思っています。大きな園芸店にいくと,下の写真のように,大きなおしゃれな鉢に単品で植えられていたり,寄せ植えにしていたりしています。実際育ててみて,鉢植えで引き立つ低木なのかなと思っています。

f:id:enoshima07:20200325164126p:plain


コロキア(コトネアスター) 黒色 ぽってり可愛い テラコッタ鉢 鉢植え 鉢 苗 苗木 素焼 陶器 Corokia cotoneaster 黒 ブラック グレー 観葉植物 送料無料

まとめ

 今回は,南半球プランツ(ニュージーランド原産)でカラーリーフが個性的なコロキアについて,3号ポットで地植えしてからの2年間の成長について紹介しました。強健な性質で2年間で20cm→70cmと大きくなりましたが,残念ながらまだ花は咲いていません。今後も,花が咲くまでは,この記事を更新していきたいと思います。